テクスチャが破れる時は

せっかくテクスチャを張り付けても、無理のあるポーズなどでテクスチャが破れ、肌が見えることがある。
破れるときは、スキンマスク機能を使うと破れが改善される。
ただし、元々無理のあるポーズの場合はマスクをかけても破れるので、ポーズや角度を工夫するしかない。

―スキンマスクの適用方法―――

既にテクスチャを読み込んでポーズを取ってみた際、無理なポーズなどで破れて肌が見えたら、まずは撮影モードを終了して、テクスチャ編集のできる最初の画面に戻る。

1-1 マスクを適用する白紙の筆マークのペイントアイコンをクリック。

1-2 テクスチャ編集画面が立ちあがるので、画面左のアイコンツールが並ぶ最下段にある「SKIN」アイコンをクリック。
skin切り替え.jpg

1-3 スキン編集画面に切り替わる(PCによっては処理に多少時間がかかることもある)
マスク画面.jpg

1-4 ツールアイコンから消しゴムをクリック。消しゴムの大きさは画面上部に出てくるアイコン隣のプルダウンより選べる。
消しゴム.jpg

1-5 消しゴムを使って、衣装が破れる個所のみ消すと、消しゴムで消したところだけ肌が消えて破れが目立たなくなる。
脇の例.jpg

1-6 最後に「ファイル」→「パーツ名の変更」で任意の名前を付け、「ファイル」→「保存」

もう一度、キャラクターにポーズを取らせ、テクスチャが破れてなければ成功。
マスクを適用しても破れる場合は、違うポーズを使うか、角度を変えてみてください。

なお、スキンマスクは衣装白紙だけでなく、アクセサリーの白紙でもスキンマスクがかけられます。
あまり使わない白紙があったら、スキンマスク専用にして、破れた時はマスク用のアクセサリーを装着させてもいいですね。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2012-10-04 22:26:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード